ホーム » サイクルプラスの使い方 » サイクルプラスエンリッチローションを朝つけるとシミが…噂の真相を解明

サイクルプラスエンリッチローションを朝つけるとシミが…噂の真相を解明

読了までの目安時間:約 5分

 

サイクルプラスエンリッチローションを朝つけると、日中の紫外線に反応してシミができてしまう…。

 

こんな噂がまことしやかにささやかれているようです。

 

これって、本当なのでしょうか?

 

 

なぜこんな話が出てくるのか?

どうやらこの話は、ビタミンC誘導体が紫外線と反応してシミをうんでしまうのでは???という「光毒性」の話が発端となっているようです。

 

光毒性とは

日光に含まれる紫外線にたいしてお肌が過敏に反応して、さまざまなダメージを与えてしまう作用。光感作作用とも呼ばれる。

 

代表的な原因物質にソラレンがあり、表皮にソラレンが存在する状態で紫外線を浴びてしまうと、日焼けやシミ、色素沈着などを引き起こす。

 

ソラレンというのは、柑橘系の果物や一部の野菜に含まれる物質ですね。レモンやオレンジ、きゅうりなどが代表的だと思います。

 

こうしたソラレンの含まれる食べ物を朝に食べると、紫外線に反応してシミの原因になる。この話が発端となって、「サイクルプラスも朝つけるのはよくない」とかなんとか。。。

 

う~ん、サイクルプラスエンリッチローションにソラレンは入っていないんですけどね(汗)

 

ソラレン=ビタミンCではない

 

もう一度、さきほどの光毒性の説明文を読んでみましょう。

 

光毒性とは

日光に含まれる紫外線にたいしてお肌が過敏に反応して、さまざまなダメージを与えてしまう作用。光感作作用とも呼ばれる。

 

代表的な原因物質にソラレンがあり、表皮にソラレンが存在する状態で紫外線を浴びてしまうと、日焼けやシミ、色素沈着などを引き起こす。

 

上の文章を読んでもらえればわかるとおり、光毒性の原因物質はあくまでソラレンです。そして、サイクルプラスにソラレンは入っていません。

 

ではなぜ、サイクルプラスを朝つけないほうがいいという話になってしまうのか?

 

これはおそらく、ソラレンがビタミンCに置き換わってしまったことで起きた誤解ではないかと思います。

 

先ほどあげたレモンなどは、ビタミンCの代表的な存在であり、シンボルともいえる果物ですよね。ビタミンCといえばレモン!みたいなイメージをあなたも持っているのではないでしょうか?

 

そのため、本来はソラレンが光毒性の原因なのに、レモンはビタミンCの印象がとても強いため、いつの間にか…

 

「朝のソラレンは危険」→「ソラレンの入っているレモンは危険」→「朝のビタミンCは危険」

 

というふうにすり替わってしまったんだと思います。

 

 

そもそもですが、ソラレンとビタミンC(アスコルビン酸)はまったく別の物質であり、ビタミンCに光毒性の作用はありません。

 

サイクルプラスエンリッチローションは朝つけても大丈夫です♪

繰り返しますが、サイクルプラスにソラレンなんて入っていません。だから、朝つけても大丈夫。

 

むしろビタミンCにはメラニンの色を薄める作用があるので、日中つけていることは紫外線対策にもなるのです。

 

公式サイトにも「朝の使用はひかえてください」なんて書かれていませんし、私自身、毎日朝のスキンケアで使っています。

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー