ホーム » サイクルプラスの成分 » サイクルプラスエンリッチローションのAPPSがすこぶる優れている理由

サイクルプラスエンリッチローションのAPPSがすこぶる優れている理由

読了までの目安時間:約 8分

サイクルプラスエンリッチローションのAPPS

 

サイクルプラスエンリッチローションは、ビタミンC誘導体にAPPSを採用した化粧水であり、ランキング上位に入るなどとても多くの女性に選ばれています。

 

ここでは、サイクルプラスエンリッチローションがなぜ優れているのか?その理由をAPPSに着目して解説します。

 

 

そもそもAPPSって?その特徴をおさらい

 

APPSは、数あるビタミンC誘導体のうちの1つで、正式名称は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」といいます。歴史的に見ると比較的あたらしいビタミンC誘導体になりますね。

 

昔からある水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体、この2つの欠点を解消しながら両方のメリットだけを兼ね備えた、まさに進化したビタミンC誘導体といえます。

 

水溶性ビタミンC誘導体の欠点は、お肌が乾燥しがちなことと浸透性があまりよくないこと。油溶性ビタミンC誘導体の欠点は、ベタつきやすいこと。この2つのデメリットをAPPSは解消しました。

 

ついで、水溶性ビタミンC誘導体の長所である即効性、油溶性ビタミンC誘導体の長所である浸透性の高さ、この2つのメリットをAPPSは兼ね備えました。

 

 

つまりAPPSは、ビタミンC誘導体の中でもトップクラスの性能をもつ成分といえます。特に、角層への浸透性がきわめて高いのが特徴で、既存のビタミンC誘導体の約100倍とも言われているのです。

 

この優れたAPPSを採用しているのが、当サイトでご紹介しているサイクルプラスエンリッチローションなのです。

 

APPS配合だから保湿だけでなく攻めのスキンケアができる

 

単なる保湿だけでなく、APPSはエイジングケア全般に働いてくれる万能成分。もちろん保湿は大事なのですが、APPSを取り入れることでより積極的な”攻めのスキンケア”ができます。

 

年齢肌対策において乾燥をふせぐ保湿というのは、言ってみれば必須条件であり最低限のスキンケアです。誰でも行わなければいけないケアであり、スキンケアの土台となるものと言えるでしょう。

 

そのため、言い方はちょっと乱暴ですが、大きな変化を感じにくい、いわば”可もなく不可もなし”的なケアなのです。

 

保湿系のアンチエイジング化粧品を使っているけど、イマイチ効果を感じられないというのは、そのような理由からです。保湿オンリーだからなんですね。

 

その点、ビタミンC誘導体を取り入れたスキンケアは、お肌に栄養を与えるような、あるいはお肌の機能を底上げするような、そんな攻めのスキンケアが可能となります。

 

なぜならビタミンCには、次のような美容効果が期待できるからです。

 

ビタミンCのもつ美容効果

    • メラニンの色を薄める作用

    • 活性酸素の除去

    • 皮脂分泌をおさえる作用

    • コラーゲンの生成をサポートする作用

 

これらビタミンCの美容効果を最大限に発揮してくれるのがAPPSであり、それを採用しているのがサイクルプラスエンリッチローション。まさに、エイジングケア向けの化粧水であり、さまざまな肌悩み解決に期待がもてるコスメと言えますね。

 

あわせてTPNaも同時配合しているからAPPSの効果がすごい

 

サイクルプラスエンリッチローションはビタミンC誘導体のAPPSだけでなく、ビタミンE誘導体「TPNa」も同時配合しています。

 

ビタミンE誘導体の働きは、簡単に言ってしまえばビタミンC誘導体をサポートすること。一緒に合わさることで、より強いAPPSの作用が期待できるのです。いわば、縁の下の力持ち的な存在ですね。

 

最近のビタミンC誘導体コスメでも、このTPNaを同時配合するものが増えてきましたが、サイクルプラスエンリッチローションはいち早く注目して取り入れています。

 

2剤式だからAPPSがいつでも新鮮

 

サイクルプラスエンリッチローションが他のビタミンC誘導体化粧水と大きく異なること。それは、ローションとパウダーが分かれた状態で届く2剤式を採用していることです。

 

ビタミンC誘導体というのは、不安定で壊れやすいビタミンCを化粧品に安定して配合できるよう加工したものですが、それでも寿命は永遠ではありません。

 

いくら誘導体化されていても、ずっと酸化せずに存在することは不可能なのです。

 

そこでサイクルプラスエンリッチローションがとった方法というのが、使う直前にビタミンC誘導体パウダーを溶かす2剤式。これなら、自分で混ぜた日が製造日となるため、フレッシュなビタミンC誘導体をお肌に取り入れることができます。

 

ここだけの話…、いつ製造されたかわからない化粧水だと、手元に届いたときにはすでにビタミンCが酸化していてお肌につけても役立たず、なんてことも(汗)

 

2剤式のサイクルプラスエンリッチローションなら、こんな心配がありません。

 

即効性と浸透力を兼ね備えた、まさに進化したビタミンC誘導体のAPPS。保湿だけでなくエイジングケア全般に力を発揮するうえに、TPNaのサポートでより大きな効果が期待できる。

 

おまけに新鮮な状態で使用できるよう2剤式を採用と、サイクルプラスエンリッチローションはとてもよく考えられたAPPS化粧水といえます。

 

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー